Dr.クインチ

漫画「Dr.クインチ4巻 case19」ネタバレ・あらすじと感想

目元、あご、鼻の形、そして女性ならバストやおしり、男性なら陰茎のこと・・・などなど、人は自分の肉体のどこかしらに多かれ少なかれ様々なコンプレックスを抱えているものです。

そんな悩みを抱える患者を美容整形手術によって、理想とする姿に変えていくことが”Dr.クインチ”こと「権藤弓一朗」の仕事です!

はたして今回は、どんなコンプレックスを抱えた患者が彼に助けを求めるのでしょうか?

 

 

「Dr.クインチ」の1巻を、まずは”お試し”で読んでみたいという方には、無料”試し読み”ができる電子書籍ストアeBookJapanがおススメです!

 

「Dr.クインチ」1巻”第1話”を試し読み

「Dr.クインチ4巻 case19」のネタバレ・あらすじ

 

肝塚千恵は、「望月香衣」というペンネームで小説を書いている36歳の作家です。

学生時代に書き始めてから多くの作品を世に送り出し、特に”整形”をテーマにした代表作「フェイス」は、大ヒットを記録しました!

そんな超売れっ子作家の千恵ですが、実はデビュー以来ひた隠しにしていることがあります・・・

それは・・・ 自身の”顔”のこと!

恋愛小説を中心に執筆してきた千恵は、世間から美人女性だと思われていました。

しかし千恵は、自分の顔にまったく自信を持てない・・・

そして、自信を持てないどころか見るのも嫌だと思うほどでした。

そこで世間の人々を幻滅させないために、千恵は事あるごとに顔出しの依頼を断ってきたのでした。

そんな状況の千恵になんと、”文学賞”受賞の話が持ち上がります!

最新作に重版がかかり書店でも大きな話題になっていて、最新作を評価する声の中には「今まででナンバー1だ!」・・・という声もあるほどの人気ぶりです。

ところが、もしも文学賞を受賞すれば”授賞式”に出席しなければなりません。

出版社の担当者からは、「顔出しが無理なら代理を立ててもいい」・・・とは言ってもらいましたが、正直どうするのか千恵は迷いに迷いました。

今回の新作は自分でも十分な手ごたえを掴んでいて、今後このレベルの作品が書けるかどうか、今の千恵には全く自信がありません。

それに、若い頃に比べるとアイデアが出にくくなっていることも、十分に痛感していました。

つまり文学賞の受賞というのは、千恵にとってまたとない最後のチャンスかもしれないのです!

そして散々迷った末、千恵は「藤美容クリニック」を訪れるのでした。

 

 

院長の藤美恵里子との会話の中で、千恵が7年前に書いた代表作「フェイス」に関する話題が出ますが、そこに「あの小説は酷かったなぁ」・・・と言いながら執刀医の権藤弓一朗が横槍を入れてきます。

さらに、作品を褒めれるとしたら「日本語で書かれていたこと」・・・などと、作品を酷評し続けます。

すると、自分の作品を散々に酷評されて業を煮やした千恵は、「あの小説、私が書いたんです!」・・・と、思わず2人に打ち明けてしまうのでした!

これを聞いた恵里子はおおいに驚きますが、「だろうと思ったよ」・・・と弓一朗。

千恵の書いた問診票から、千恵が「望月香衣」ではないかと推理していたのです。

そんな千恵が売れっ子作家の「望月香衣」だと分かった恵里子は急に色めき立ち、最新作が売れに売れていると口にして、目を輝かせながら千恵を褒めたたえます!

しかし恵里子はふと、ここである疑問に気付きました。

それは、千恵が世間にその姿を見せていないことでした。

千恵が”顔を整形して世に出たい”・・・ということが望みではないかと考えていた弓一朗は、改めて千恵に依頼内容を確認します。

最新作が文学賞を受賞する可能性が非常に高いため、千恵は世間に顔を出す決意を固めていたのです!

こうして千恵は、弓一朗が執刀する整形手術を受けることになりました。

エラ骨、鼻、目、その他数ヶ所にメスを入れてもらいます・・・

綺麗になりさえすれば、堂々と人前に立てると心から思ったのです。

そして、弓一朗の完璧な施術が終わり望み通りの美貌を手に入れた千恵は、その後、”文学賞の授賞式”という晴れの舞台で初めて人前に立ちました!

世間の称賛の声と羨望のまなざしを受けて、心底「生きててよかった!」・・・と思わずにはいられない千恵・・・

しかし、そこには思いがけない落とし穴があるのでした!

はたして千恵の身に何が起こったのか・・・?

 

「Dr.クインチ4巻 case19」を読んだ感想

顔出しNG!・・・って言う有名人の人って、作家に限らずやっぱり気になりますよね~。

どうしても自分勝手にイメージを膨らませて、想像してしまうものです。

こういうことは、現実でもよくある話だと思います。

作家として活動している以上、作品に最も目を向けて欲しいはずですけど、作家の見た目も同時に世間の目に晒され評価されてしまう・・・っていうのは、やっぱりしょうがないことなんでしょうかねぇ?

特に千恵の場合は、「顔出しNG」の状態から、急に「顔出しOK」になったので、余計に期待されやすい状況でした。

そして整形の結果、今の時代の怖い部分が千恵を襲うことになりましたけど、結果的には顔出ししたことで一皮むけた人生を迎えることが出来て、良かったのかもしれませんね!

 

「Dr.クインチ」1巻”第1話”を試し読み