Dr.クインチ

漫画「Dr.クインチ3巻 case15」ネタバレ・あらすじと感想

美容整形を通して”悩んでいる人を救いたい”・・・そんな優しい気持ちが、美容外科医の「権藤弓一朗」にはあります。

いつも辛口なコメントが目立つ弓一朗ですが、決して冷酷無比ではありません!

はたして今回の患者には、いったいどちらの態度を取るのでしょうか。

 

 

「Dr.クインチ」の1巻を、まずは”お試し”で読んでみたいという方には、無料”立ち読み”できる電子書籍ストアhontoがおススメです!

 

「Dr.クインチ」1巻(第1話)を無料で立ち読みするならこちら

 

Dr.クインチはコチラ

「Dr.クインチ3巻 case15」のネタバレ・あらすじ

 

「3桁の体重になるには”才能”がいる、その点では私は”天才”・・・と、うそぶく「まゆみ」は、生まれてこの方ダイエットとは無縁の生活をしてきました。

体重136kg・・・夕食とは別に、高カロリーの食べ物を夜な夜な漁るのがまゆみの日常です。

ある日の夜、冷蔵庫の食材が少ないことに気づいたまゆみは、食料の買い出しのためにコンビニへ行くことにします。

しかし、136kgもの体重では、近所のコンビニへ行くのも億劫でしかたありません。

・・・とは言え、晩ごはんをしっかり食べても、夜中には腹ペコです。

カップラーメンやポテチ、炭酸飲料などをカゴ一杯に買い込んだまゆみは、重い荷物を引きずるように帰宅しようとします。

ところが、あまりにもたくさん買い込み重すぎたため立ち眩みを起こし、転倒してしまいました。

すると転倒したまゆみのもとに1人の男性が駆け寄り、「大丈夫!」・・・と声をかけてきました。

「立てる?・・大丈夫?・・」

・・・と、転倒したまゆみを気遣って、心配そうに手を差し伸べてきます。

その時、「大丈夫ッス」・・・と言いながら男性の顔を見たまゆみは、”ドカーン”・・・と雷に打たれたかのような衝撃を受けるのでした!

そして、大量にかいた汗で支えてくれていた男性の手が滑り、まゆみは気が動転してその場から逃げるように走り去ってしまいます。

「男の人に初めて触ったぁ~」・・・と、心の中でわめきながら、買った食料品も持たずに帰ってしまったのです。

まゆみは今まで、男性にただの1度も触れたことがありません。

赤面して逃げ出したまゆみは、声をかけてくれた男性のことでもう頭の中が一杯です!

頭の中でさっきの場面を思い出し、何度も何度も男性の顔と声を”脳内再生”してその場面に浸ります。

「超カッコ良かったぁ~」・・・と、まゆみは初めて恋に落ちたのです

 

 

助けてくれた男性に恋をしてからというのも、まゆみはご飯が喉を通らなくなりました。

もう3日も食べていないので、母親がひどく心配しています!

しかし、食べない状態が72時間にもなると、むしろ空腹を感じなくなってしまいました。

そしてお腹がすかないだけでなく、居ても立ってもいられなくなり、まゆみは外へ出て走り出すことにしたのです。

それからというものまゆみは、「あの人と釣り合う女になりたい!」・・・という強い思いを持って、走ることが日課になりました。

一目惚れした男性への強烈な恋心が、まゆみを走らせる原動力です。

最初は人目をはばかり夜中に走っていたまゆみですが、ある日早朝走ることにしました。

すると、とある1人の女性に声をかけられます。

「最近よく会うね!」・・・と言うこの女性は、引っ越して来たばかりで友達もいないから、”ラン友”になってほしい・・・と言ってきました。

今まで彼氏どころか友達も出来なかったまゆみは、戸惑いながらも彼女と一緒に走ることにします。

女性の名前は「あずさ」・・・2人は一緒に、雨が降っても風が吹いてもランニングを続けました。

それから3ヶ月が過ぎ、あずさはまゆみのことを下の名前で呼び捨てするようになりました。

「最近まゆみ、可愛くなってきてない!」・・・と言われたまゆみは、可愛いと言われたこと以上に、呼び捨てにしてくれたことに「親友っぽい」・・・と感動するのでした。

その日の夜、体重計に乗ったまゆみはわが目を疑います。

136kgもあった体重が、なんと62kgに減っている・・・

あまりの減り方に体重計が壊れてる?・・・と疑うまゆみですが、もちろん故障ではなくダイエットに成功したのです!

しかし、鏡に映る自身の姿を見て衝撃が走ります!

急激に痩せたまゆみのお腹の皮が、ベロベロに余ってダブついていたのです。

あまりにも見ばえが悪いお腹に困惑したまゆみは、どうにかしてもらおうと藤美容クリニックに救いを求めました。

医院長の藤見恵里子は、「過度のダイエットによる皮余りですね」・・・と診断しつつも、「それより、3ヶ月で74キロの減量は自殺レベルですよ」・・・と驚きを隠せません!

それでも恋心のために、余った皮を何とかしてほしい・・・という声に、執刀医の権藤弓一郎はいつものセリフで答えます!

「その渇き・・引き受けた!」

はたしてまゆみは、この施術によってどう変わるのか・・・

そして、まゆみの恋の行方は?

 

Dr.クインチはコチラ

 

「Dr.クインチ3巻 case15」を読んだ感想

136kgもの体重を62kgまで急激に減らす・・・さすがに体に悪いどころか、絵里子が言うように”自殺レベル”ですね!

でも、これまでの人生をぐうたら過ごしてきたまゆみが、本気のダイエットを始めるわけですから、女性の恋心のエネルギーって本当に強烈なんですね!

実際にこのレベルの痩せ方をする人はいますから、共感できる人は多いのかもしれません。

でも実は、まゆみが一目惚れした男性が「あずさの兄」で、しかも衝撃の・・・っていうか、そんなバカな・・・という”オチ”が、このマンガらしい感じがしてウケました!

作中では描かれてませんが、その後の2人の関係がどうなったのか気になりますけど、とにかくよく頑張ったまゆみを褒めてあげたいですね!

 

Dr.クインチはコチラ