ハニーレモンソーダ

漫画「ハニーレモンソーダ 3巻」第10話ネタバレ・あらすじ感想

村田真優先生が描く「ハニーレモンソーダ」は、集英社の「りぼん」で連載中の少女マンガ!

2021年7月9日、主人公の「三浦界」役にSnowManの「ラウール」さん、そして、ヒロインの「石森羽花」役に女優の「吉川愛」さんが抜擢され、実写映画化が決まっています!

 

 

前話では、三浦と芹奈の過去の「彼氏彼女問題」がひと段落して、羽花はより三浦を好きで居続ける勇気を持ちました。

”芹奈”編が終わり、新たな話が始まります!

 

ハニーレモンソーダ 3巻「第10話」のネタバレ・あらすじ

 

八美津高校は定期テストの季節ですが、憂鬱なテストが終わると文化祭が待っています。

生徒達は迫り来るテストに辟易していますが、テスト後の文化祭はみんな楽しみな様子!

そんな中、羽花は来たるテストに向けて、図書室で勉強をしていました。

その時、図書室の窓から見えた三浦が芹奈と一緒にいるところを見て、「画になるな・・うらやましい・・・と感じる羽花・・・

すると突然、英語の「緑」先生に話しかけられました!

以前は進学校の真聖学園に勤めていたという緑先生は、この学校で図書室にいる生徒を、しかも勉強をしている生徒を初めて見たと言い、真面目に勉強をしている羽花が気に入ったようです。

少し距離が近いところもありますが、羽花に対して「テスト、期待している」・・・という言葉をかけてくれました。

羽花は自分が期待されていることが嬉しく、よりテストに向けて頑張ろうという気持ちになるのでした。

その翌日・・・学校では先生に、「テストの問題教えて~」・・・と、授業中にふざける男子が数名います。

先生は「ノートを見ていればわかる」・・・と言いますが、不真面目な生徒の多い八美津高校の生徒が、ノートをまともにとっているはずがありません!

「誰かノートプリ~ズ」・・・という男子の声を聞いて、「自分のノートをコピーして渡してあげたらみんなの役に立てるかもしれない」・・・と考える羽花。

授業が終わると、早速職員室で自分のノートをコピーしてクラスメイトの男子達に渡します。

しかし、男子達の返答は・・・「いらない」

授業中には”ノリ”でノートがほしいと言ったものの、実際には「勉強しないからいらない」・・・と言うのです。

羽花はノリが分かっていなかったと、「ごめんなさい!」・・・と言ってその場を去りました。

クラスメイトたちのノリが分かっていないのに調子に乗ってしまったと、羽花は恥ずかしさや虚しさで俯いてしまいます。

そしてその場を去ってすぐ、男子とのやりとりを見ていたらしい緑先生に、羽花は図書室に呼ばれるのでした。

 

 

その頃、羽花が緑先生と図書室へ向かう姿を、芹奈たちと一緒にいた三浦は廊下で見かけました。

そこで三浦は、芹奈の友人から「緑先生はクラスで浮いている地味な女の子を狙って手を出しているらしい」・・・という噂があることを聞かされます。

みんなで羽花の心配をし、芹奈は様子を見に行こうとしますが、そこで三浦が彼女を制し「俺が行く」・・・と言って図書室へ向かいますが、そこには案の定、緑先生に迫られている羽花の姿が・・・

「君の居場所はここではないんだ」・・・と、優等生の羽花を慰めるように言う緑先生・・・

そこで三浦はわざとらしい咳払いをしてその場に姿を現し、緑先生を追い払います。

突然のことに呆然としている羽花に、「拒否れよ!」・・・と三浦は言うものの、羽花は驚きのあまり声も出なかったのでした!

そんな羽花に三浦は、「めんどくせぇ、自分で何とかしろよ」・・・と、かなり機嫌が悪そうな様子・・・

「君の居場所はここではない」・・・去りゆく三浦の背中を見ながら、羽花は緑先生の言葉の重みを感じていました。

そしてテスト返却の日、緑先生から英語のテストが返されます。

クラス”最高点”は「98点」の羽花。

そして”最低点”は「2点」の三浦。

緑先生は三浦に対し厳しい口調で、「石森の隣に座って恥ずかしくないのか?」・・・と問いかけます!

そして、まるで点数が低かったことへの罰であるかのように、三浦に過剰とも言える課題を出す緑先生ですが、その時羽花が「私の方が恥ずかしいです」・・・と声を上げました。

キラキラしたみんなの中へ入っていけるはずもないのに、身の丈に合わない高校を選んだ自分の方が恥ずかしいと・・・

しかし、「今ではここが自分にとっての居場所だと言える!」・・・と、はっきりと口にしました!

すると、みんなが羽花の言葉に驚いて黙っている中、三浦が突然テストの解答をスラスラと暗唱していきます。

今回三浦が2点だったのは、テスト中寝ていたからで、本当は勉強ができる方だったのです!

そして三浦は緑先生に対し、「石森を口説いても無駄ですよ!この人オレを追ってここに来たんで・・・と言い放ちます!

すると、それを聞いてクラスの女子のほとんどが、卒倒するのでした・・・

 

ハニーレモンソーダ 3巻「第10話」を読んだ感想

 

今回から出てきた新キャラの「緑」先生は、優等生の羽花を気に入っている・・・という、ちょっと怪しげな先生ですが、抜群にかっこいいので見ていてドキドキしました!

緑先生は以前、進学校に勤めていたこともあって、勉強のできない八美津高校の生徒を蔑んでいる様子もありますが、優等生の羽花とは相性が良さそうなので三浦にとってのライバル登場かもしれませんね!

そして今回は、羽花に言い寄る緑先生に対し、三浦が嫉妬心を抱いている・・・ようにも見えるところが、またストーリーを面白くしています!

これまでは羽花が三浦を追うばかりでしたが、緑先生の登場をきっかけに三浦も羽花の周囲に対してヤキモチをやいたりするのかもしれません。

そう思うと、クールな三浦が嫉妬心を抱くシーンを見るのが楽しみです!